リフレッシュマネージャーとは

リフレッシュマネージャーとは、自動的にサーバー内のファイルを更新してくれる便利ツールです。
アクセス数が突然激減したことはないですか?ロボットが巡回せずに困ってませんか?大量ファイル自動更新ツール リフレッシュマネージャーをお試し下さい!

なぜサーバー内のファイルを更新しなければならないのか?あなたは、その理由を知りたいと思っているはずです。理由は、検索エンジンがファイル更新をしていないファイルを検索から除外する傾向にあるためです。

つまり、コンテンツが良くても、スパムをしていなくても、長い時間更新されていないページというのは鮮度が低いとみなされて、検索した時に優先度が下がったり、果ては検索結果から外されたりします。

アクセスログを見ているとこの傾向に誰もが気が付くと思います。逆に更新さえしていれば、内容はまったく変えて無くても比較的安定したアクセスがあります。それは更新しているせいで、ロボットが定期的に巡回してくれるからです。

それから、ウェブページを更新するというのは誰にでも可能です。FTPソフトでアップロードし直せばいいのです。ですから、リフレッシュマネージャーがなくても週に1度ぐらいはFTPソフトで全てのファイルをアップロードし直せばいいのです。

一昔前は、独自ドメインを持っている人も珍しく、無料サイトで作成するというのが普通でしたが、今はドメインが格安になったこともあり、1人の人が複数のドメインを所有するマルチドメイン化が進んでいます。これは1つのドメインをサブドメイン化して、分割する手が使えなくなったため広まったのだと思います。

マルチドメイン化をすると問題になるのがファイルの管理です。基本的にはサーバーが異なったり、アカウントが異なったり、フォルダが異なったりするので、ドメインを持てば持つほど管理が大変になるのです。

そうすると、ファイルをFTPソフトで更新するにしても、MTのようなブログツールで更新するにしても、物凄く時間が掛かるようになります。これがデメリットです。

もう1つデメリットがあって、コンテンツボリュームの増大化です。アクセス数を増やすために、作成するウェブページ数が増えています。大量にファイルを作成するというのは当り前の時代になってきています。

すると、当然のことながらサーバーにファイルが大量に存在します。そのファイルを一度に更新するのは非常に困難です。FTPで行う場合は、一度自分のパソコンにダウンロードしてからアップロードしなければなりませんよね。

ファイル数が何百、何千とあると、FTPが失敗することがよくあります。そうするとまたやり直しです。完了するまで時間も掛かります。ほったらかしというわけにはいきません。

また、MTの再構築を使ってファイルを更新する方法もありますが、これもファイル数が多過ぎるとサーバーに負荷が掛かって、失敗することも多々あるようです。

コンテンツボリュームが大きいサイトを複数も所有していると、毎週多大な時間をファイル更新にとられてしまいます。そこで、リフレッシュマネージャーの需要があるわけです。
アクセス数が突然激減したことはないですか?ロボットが巡回せずに困ってませんか?大量ファイル自動更新ツール リフレッシュマネージャーをお試し下さい!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。